「メコンに沈む夕日を僕は見た」

世界一周107日目(10/13)

 

前日の夜に

試してみたいこと

があった。

 

 

 

ブルシでテント。

IMG_2722

 

 

ブルーシートに
ビニールひもを通して吊り、
Pennyを重し代わりに
テントの形ができた。

やべえ!
おれのクリエイティブのセンス
マジハンパない!

 

 

これを思いついたきっかけは

カンボジアのシェムリアップで買った
「Into the Wild」
に出てくるヒッピーの夫婦が浜辺に
布と骨組みだけの簡易テントを
立てているのを発見したのと

 

ガキんちょの時に
折りたたみ布団を三角形にして
秘密基地を作った経験を基にして
製作した。

 

向きによるけど
167センチの僕のサイズなら
なんとか収まる使用。

雨が降って来た時のために
もうちょっと増長したいかなってとこ。

まあ創意工夫でなんとかなるだろう。

 

これで
野宿できる!!

 

 

 

なんてね。

シミさんビビリなんで
よっぽど安全な場合、

例えば
「日本人の旅人と一緒にキャンプ」
とかそういうシチュエーションじゃないと
野宿なんてやりません笑。

 

ブルシテントの完成に満足した僕は
日本でやった野宿予行練習ぶりに

「おうち de 野宿」

をやって眠りに就きました。
いや…全然眠れませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

朝7時に
目を覚まし、

広げた荷物を
のそのそとパッキングした後
僕はアムンタントさんから借りた
アパートを後にした。

IMG_2729 IMG_2733

 

 

結局、アムンタントさんとは
ウドンターニー初日で会った後、
一度も会っていない。

僕はお礼のメッセージを書いた
置き手紙を残して外に出る。

隣りの犬がガラス戸越しに
僕を吠えてくる。

IMG_2737 IMG_2736

 

 

この4日間、ヤツらに
吠えられっぱなしだったなぁ…

 

外に放し飼いにされてる時は
僕のこと噛み付かん勢いで
吠えてくるから

アパートに戻る時
ヤツらに出くわすと困ったよ。
それも今日でお別れ。

バイバイ!犬ども!

 

 

 

 

 

ハイウェイに
出た僕は

IMG_2738

 

この日
やってみたかったことがあった。

 

 

ヒッチハイク

だ。

IMG_2739

 

 

近くのバスターミナルへは行かず、
ノーンカイ行きのハイウェイを
バックパックを背負ったまま
最大限の笑顔と一緒に
親指を立てる。

 

いや、待てよ。
これじゃあ行き先が分からないかな?

でも、
ノーンカイへ続くハイウェイだしな…
大丈夫だろ?

 

 

親指を立てながら歩くが、
後ろから通り過ぎる車が
気づいている気がしない。

フルスピードで
僕を追い越して行く。

 

 

15分くらい歩いて
ガソリンスタンドに到着した僕は
今度は横の露店で待ち構えてみることにした。

ガソリンスタンドに入った人も
露店に立ち寄る人も
気づいてくれるだろう。

そんな狙いだった。

 

 

 

だけど反応は同じ。

果たして僕の姿に
ドライバーは気づいているのだろうか?

 

 

笑顔で手を振ったり、
「Nong Khai」
と書いたノートをかざしてみても
全くと言っていいほど手応えはなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらくすると
一人のおじちゃんが
英語で僕に話かけてきた。

 

「ここでヒッチハイクなんて
やっても無駄だぞ。

そもそも
親指を立てるサインの意味を
分かっていないんだからな」

 

いやぁ…
そんなことないっしょ!

きっと誰か分かってくれる人が
僕を拾ってくれるはず!

それよりおっちゃん、
邪魔しないでくれるかな?

こっちも車を捕まえようと
必死なんだから!

 

 

と僕は、
おっちゃんと会話しつつも
ガソリンスタンドにやってくる車に
親指を立て続けていた。

 

車の走行音に
会話が上手く聞き取れない中
おっちゃんは

「どこから来たんだ?
どこへ行くんだ?
何してるんだ?」

と同じ質問を何度かしてきた。

僕がちょっとイライラしてきたころ
おっちゃんは唐突にこう言った。

 

 

「ノーンカイまで送ってって
やらんこともないぞ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっ…

えっ!?
マジですか!!!?

 

 

 

 

「い、いいんですか!?」

 

「朝飯は?」

 

「まだです!(笑顔で!)

 

「じゃあ一旦
うちまで行くぞ」

 

 

僕はSUZUKIの車に
バックパックを押し込み
おっちゃんの家に向かう事になった。

ハイウェイ沿いのガソリンスタンドから
車で2分の距離におっちゃんの家はあった。

IMG_2744 IMG_2742 IMG_2751

 

 

「お前さんが
ヒッチハイクしてる姿を

女房が見てな。

他の人間じゃお前さんが
何をしてるのか分からないだろうと
戻って来たんだ」

 

なっ…、
なんてありがたいんだ…!!!

ここ数日タイのみなさんに
お世話になりっぱなしだ…。

 

 

 

家では奥さんと娘さんが
モチ米とソーセージとお肉を
出してくれた。

IMG_2748

 

 

色々な国でお米を食べてきたけど、
タイのお米がダントツに美味しい。

モチ米は赤飯につかうそれのように
弾力があって食べ応えがあった。

 

 

一通り自己紹介を済ませ、
自分が旅する漫画家だと
彼らに伝えると、

おっちゃんは奥さんの顔を
描いて欲しいと言ってきた。

テーブルもなかったので
このクオリティだったけど、
喜んでくれた。

IMG_6500IMG_6499

 

途中、近所の高校の
校長先生もやってきて
日本語の単語でぼくに話しかけてくれた。

 

「わたし、
にほんごべんきょうしたいです」

IMG_2749

 

 

と言う校長先生。

手には日本語の教材。

 

何が日本語を学ぶ原動力になるのだろう?

日本語ってすげえ複雑で曖昧な言語なのに
「勉強したい」って言ってくれる校長先生に
ちょっと嬉しくなった。

IMG_6504

 

IMG_6503IMG_2750

 

 

 

 

 

 

おっちゃんの
ご家族や校長先生との
ひと時を楽しんだ後、
いよいよノーンカイまで
送ってもらうことになった。

NISSANの軽トラックの荷台に
僕は乗り込む。

IMG_2753

 

 

車が家を出る前、
娘さんがパンを3つほど
僕にくれた。

IMG_2752

 

「You are Lucky!」

 

ほんとにね。

でも、僕がツイているというよりかは
手を差し伸べてくれる人がいてくれる

そういう感謝の気持ちの方が
今はあるよ。

IMG_2746

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイウェイを
走る事30分。

IMG_2754

 

ラオスとの国境の町

ノーンカイ

に僕はやって来た。

 

 

 

宿にチェックインして
近くのカフェで漫画を描いた。

IMG_2773

 

 

辺りが夕焼けに染まる頃
僕は漫画を一旦切り上げた。

 

宿への帰り道、
ラオスへ架かる橋の向こうに
夕焼けが見えた。

 

 

『夕日って
こんなに綺麗だったけ…?』

IMG_2775

 

 

そう思えるほど
ノーンカイで見る
夕日は美しかった。

 

オレンジ色の夕日が
国境に沈む。

———————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

あぁ、おれはどうやって
受けた恩を返せばいいんだろう?

ハイウェイを走る荷台の上で
そんなことを考えました。

この恩を違う人に返そう。

旅人のおれにできるのは
この正のサイクルを循環させていくことだ。

とりあえず、おっちゃんには
インドから手紙を書きたいと思います。

 

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周

ページの読み込みが完了するとポイントが入る仕組みです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です