「青が好き」

世界一周211日目(1/25)

 

小学生の時、

たぶんあれは2、3年生の時のこと。
自分の名前を漢字でどう書くのかと
母親に訊いたことがある。

「清水」の「清」の文字を「青」と勘違いして、
作文(しかも清書)に書いた自分の名前を
「青水陽介」と書いてしまったのだ。

(そのミスに人文で気づいた時の
ショックと言ったらかなりのものだった。
『マジかよ!!!なんてこった!!!』って)

 

僕は「青色」が好きだ。
自分の名前に「青」という文字が入っているから。

 

気づいたら自分の身の回りのものに
青色が多いことに気がついた。

バックパックも、寝袋も、ユニクロのダウンも青色。

 

こういう、こじつけのようなことが僕は大好きだ。
だからこの街に引きつけられたのかもしれない。

青の街。ジョードプルに。

IMG_3441

 

 

 

 

 

 

さぁて、
漫画も完成したことだし、
(あっ、相棒の作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」でもお読みいただけますよ♪)

この街を散策するとしようじゃないか。

IMG_3433

 

 

 

いつものように
時計台の向こう側で朝食を食べて宿に戻ると、
そんな気はどこかに行ってしまった。

なんだかこの街は居心地がいいんだ。

 

 

レストランの1階にある売店にいつもいる
宿のおっちゃんとは顔なじみだ。

漫画製作の時なんか糖分を求めて
しょっちゅう5ルピー(8yen)のチョコレートクッキーや
ポテトチッップスを買っていたからね。

朝顔を合わせると「Good morning!」と挨拶をする。

そんなおっちゃんと
まったりひなたぼっこをしていると
あっという間にお昼になってしまった。

IMG_3528

 

 

 

おっと!僕はなんのためにここに来たんだ?
ブルー・シティーだろう?

まずはこの街を一望できるフォート(要塞)まで
行ってみようじゃないか。

IMG_3454 IMG_3456

 

 

 

 

 

 

「入場料400ルピー(652yen)

IMG_3460

 

 

たっ…高ぇ…。

フォートのチケット売り場の前までは行ったが、
そのまま中に入ることはしなかった。

 

いや、日本にいたらこの価格は決して高くはないだろう。

忘れてはならない!ここはインドなんだ!
へたしたら宿代2日分になる。

一番見晴らしの良いところで観光料をとるなんて…
なんていい商売しているんだ!ちきしょー!

 

それに宿の韓国人の兄さんは
(僕の泊まっいるHill View guesy houseには韓国人が多く泊まっている)

「400ルピーねー。高いよな。
行ってちょっと後悔したもん」と言っていたし、

 

宿のママは
「見晴らしの良い場所なんて
他にもいくらでもある」と言っていた。

 

 

どこかにきっと別の絶景スポットがあるに違いない!

IMG_3463

 

 

僕はまだ見ぬ絶景スポットを求めて
フォートの周りを回ることにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

フォートから
離れるにつれ、それがいかに
大きな建造物であるかが分かる。

IMG_3465

 

 

外には長い城壁が張り巡らされている。

IMG_3464

 

『きっとあの城壁に登れるに違いない!』

そう考えた僕は舗装された道路を歩いて行った。

 

最初のうちはフォートの裏側にあるのは
乾いた家ばかり。

観光客向けのレストランがポツンとあったり、
ロバがレンガを運ばされていたり。

IMG_3470IMG_3471

 

牛のフンを踏まない様に気をつけたり、
犬に吠えられたりしながら、

IMG_3467

 

 

城壁に沿う様に住居が集まるエリアへと入っていく。

今のところ城壁に登るような道は見えてこない。

 

 

 

ここでも子供たちは僕が
カメラを提げている姿を見つけて
「フォト!フォト!プリーズゥ!」と群がってくる。

IMG_3473
かわいいヤツらめ。

 

 

撮った写真を子供たちに見せてあげると、
彼らは嬉しそうにキャッキャとはしゃいでいた。

写真をあげるわけでもなく、
ただ見せるだけなのにね。

綺麗に移る自分の姿を見るのが楽しいのかなぁ。

IMG_3475

 

 

 

 

 

そしてー、

IMG_3479

 

 

いつの間にか僕は
「青の街」の中にいた。

IMG_3481

 

 

周りすべてが綺麗な水色をしている。

IMG_3487

 

 

 

『今、僕は街の中にいるんだ』

そう実感できた。

 

森の中や海の中、体で感じることのできる
大きな「何か」の内部に僕はいる。

 

ブルー・シティーとは
駅やゲストハウスのある側じゃない。
城壁の裏側にある街を指すのだ。

IMG_3491

(と書いておきながら、そう知ったのは数日後だったっていう…)

 

 

一体この色はどうやってできるのだろうか…?

 

 

自然と顔がニヤけてしまう。

ブルーの建物も。狭い路地も。そこに住む人々も。
何もかもが僕の目には魅力的に映った。

街を見下ろそうとして
街の「中」に来てしまったなんて。

夢中になって写真を撮った。

IMG_3486

 

 

 

ここにもゲストハウスがあった。

IMG_3488

 

 

でも、アクセスしにくいだろうな。

バックパックを背負って
ここまで来るのは無理だな。
トゥクトゥクとかバイクで
近くまで来るんだろう。

 

 

狭い路地をいくつも抜けると、
青い街はぷつんと途切れた。

IMG_3495

 

 

大きな路地にはいつものように
トゥクトゥクやバイクが
クラクションを鳴らして行き交い、

沢山の人々がいつものように
毎日を過ごすインドの風景。

IMG_3497

 

 

 

公務員を退職したと言うおじいちゃんたちが
日向に集まって団欒している。

IMG_3498

 

 

「ほら!写真撮ってけぇ!」

「えっ?」

 

 

そこで見つけた二人の神様。

IMG_3499

 

ど、どうやって拝めばいいんだ!!!???それにその「穴」は何のためにあるんだぁああああ!!!!てか男につける意味あんのかぁああああああ!!!!

 

まさか青の街の外で
こんなあからさまな神様がいるなんて…。

 

 

 

ミャンマーの国境の街で
300バーツ(934yen)で買った
パチもんのCASIOの時計の留め具が
壊れていたのを思い出し、
たまたま見つけた時計屋さんで修理してもらうことに。

IMG_3515 IMG_3513

 

 

金属のパーツを交換してもらって
5ルピー(16yen)。安いね。

 

 

 

ごちゃごちゃした街を歩いていると、
城壁には近づくことはできなかった。

IMG_3501IMG_3506

 

 

 

あっ、ここ見覚えあるぞ。

IMG_3521

 

 

気づいたら駅の近く。

まぁ、いいさ。青の街の中。
今はとても気分がいいや♪

 

 

と言っても、
ここまでけっこう歩いて来たし、
連日のように夜更かししてるから眠い。

チャイ屋のベンチで「眠ぃ~」と言いながら
タバコを吹かしていると、
横に腰掛けていた電化製品店営むじいちゃんが
僕にチャイをおごってくれた。

IMG_3523

 

 

 

同じ名前の街でも、
少し離れただけでこんなに違う。

砂煙と排気ガスが舞う、
ブラウンのごちゃごちゃした街の下。僕はそう思った。

 

ガイドブックに載っている(らしい。自分でそう言ってたから)
ジュース屋さんで30ルピー(49yen)のラッシーを飲んだ。

そのままサブバッグを前に抱えて
お店の椅子で座りながら昼寝した。

お店の人は何も文句を言って来なかった。

「今日は唄わないの?」お店の人が尋ねる。

いや、唄ってます!

 

 

 

 

 

 

「滞在一週間、
毎日唄う」

そんな目標を立てた。

 

夕方になると僕はギターと財布と
iPhoneだけもって路上に出る。

まずはアップがてらに唄い終わると
タバコをくれるいつも売店の前で3曲ほど唄い、

オーナーが毎日唄っていいよと
言ってくれたカフェに行く。

 

 

 

カフェの前で唄っていると、
聴いていた兄ちゃんが僕に言った。

 

「今日はフォートで結婚式があるから、
もしかしたら稼げるかもよ?」

 

なにっ!それはほんとうですかい!

たぶんその時僕の目は
ルピーになっていたに違いない。

 

 

「あれ?もう帰っちゃうの?
チャイ飲んでけば?」

「いや!大丈夫っす!」

 

いつも聴きに来てくれている
ガキんちょ二人を連れてフォートへ一直線に歩いて行った。

フォートへは宿の裏にある上り坂が近道だ。
電灯が全然ないのでiPhoneのライトで
照らしながらフォートまで登った。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7630

 

ひ、人いねぇ~~~…

 

 

結婚式ねー。うん。そういう感じの。

はいはい。理解しました。
完璧、場違いだよね。おれ。

 

ライトアップされたフォートの前。
警備員が時々やってくる来場者をチェックしている。

IMG_7629

 

 

 

悔し紛れに、離れた場所で静かにギターを弾くと
1分もせずに警備員に止められた。

翌日の新聞でインドのセレブが
ここで結婚式を挙げたことを知った。

 

さっきまでいたガキんちょ二人は
いつの間にか姿を消していた。
きっと警備員に追い返されたんだろう。

しかたねえ。僕も宿に戻るとしよう。

フォートの下の方。それでも夜の街は綺麗に見えた。

 

一本道の下り坂でまさかの野良犬と鉢合わせ。

思わず壁の上に避難したら、
近くにいたおばちゃんが護衛してくれた(笑)。

IMG_7632

 

宿に戻ってブログをアップし、
シャワーを浴びて、ブログの下書きをする。

時計台は深夜の鐘を鳴らす。

IMG_7631

 

 

 

何の気なしにバイト時代の自分のブログ(アメブロ)を
読んでいたら面白くてついつい読んでしまった。

自分の稚拙な文章と当時の生活ぶりに不思議な感じがする。
そんな人生の一コマがあったんだって。

 

いろいろと忘れていることもあった。

読んだ本やパンクバンドのボーカルの名前。
感じたこと。考えたこと。

 

記憶が文章として残る。人生の小歴史。

 

そして今日も夜が更けていく。

————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

「あなたの好きな色はなんですか?」

って訊かれると、あまり色を意識したことはなかったと思います。色弱だから。
うちの家系は目が悪いんだ。

でも、ここ数年です。「あぁ、自分って青好きなんだ」って気づいたのは。

さすがにその色だけっていうことはないですが、やっぱり僕は青が好き♪

 

★バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★相棒まおが作ってくれたFacebookページもよろしくお願いしますね!ブログとはまた別モノですので。「旅する漫画家

★モンゴルを旅している時から呟いている「世界のWi-Fiから」シリーズ。
アカウント名は「indianlion45」です。お気軽にフォローしてくださいな♪

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!