「サランギー。カロリーメイト」

世界一周232日目(2/15)

 

朝5時には
アラームが鳴っていた。

IMG_4747

 

 

 

「…ケンさん、
5時になりましたよ」

頼まれていたモーニング・コールをする僕。

ケンさんは「わかったよ」とでも言うように、
隣りのベッドでもぞっと動いた。

 

一緒のドミトリーに泊まっていたケンさんは
これからインド、バラナシに行くとのことだったので、
朝早くに宿を出て行った。

タイのバスで盗難に遭い、2ヶ月を
5万円の予算で旅していくという
タフでハングリーな旅をしているた
ケンさん。

 

ちょうど僕がここに来た時に、
入れ違いでエベレストのベースキャンプである
エベレストABCまでトレッキングに
行ったらしんだけど、

節約のため夕飯だけしか食べなかった
って話は衝撃だったな。

 

 

「食費を削らないで
何を削るんだよ?」

っていう言葉はケンさんの名言だ(笑)。
今の僕には実行できそうにない。

人間追い込まれると食費を削れるんだな…。
今思うとロシアで安いパンばかり食べてたっけ。

IMG_4748

 

 

 

 

僕の方はというと、
カトマンズに出発するドラミさんという方が
チャーターしたバスターミナルまで行くタクシーに
一緒に乗せてもらうことができた。

割り勘で150ルピー(154yen)をケチって
バスターミナルまで歩いて行こうとする僕に
「歌を聴かせてもらったお返しに
一緒に乗せてってあげる」と
ありがたいお言葉をかけてくれたのだ。

ジャイアニズムに任せて唄っているのだから、
お金を払わなくちゃいけないのは僕の方なのにな。
ほんとうにありがとうございます。

 

 

 

バスターミナルに到着し、

IMG_4749

IMG_4750
チャイとサンタナポカラの
もみじさんが持たせてくれたパンケーキで
朝食を軽く済ませ(正直に言うとばっちしチョコパンも食べたけどね)
お互いそれぞれのバスに乗り込んだ。

IMG_4751

 

 

「カトマンズのカジノで
もしかしたら会うかもね♪」

ドラミさんはそう言った。

カトマンズのカジノでは何やらタダで
ご飯にありつけるのだとか。

ドラミさんはカジノ目当てだけど、
食費を浮かせる旅人はカジノに
ご飯を食べにくるんだって!

へ~。ネパールにカジノねえ。なんか意外。

 

 

次の目的地、
カトマンズまで
500ルピー(514yen)。

ネパールは移動が安い。
ルンビニからポカラまで
ヒッチハイクしようとしてたけど、
そんな必要全然なかった。

たぶんツーリストバスが
整備される前の話だったんだね。
ヒッチハイクでネパールを旅したってのは。

 

 

 

「5年前にネパールに来た時は
周りは日本語だらけだったのに」

そんなことをドラミさんが言っていた。

ポカラの街で中国語表記の看板をよく見かけた。
中国人ツーリストたちは羽振りがいいらしい。
「20年前の日本人が今の中国人だ」と
あるネパール人が言っていたらしい。

 

バスの中、僕の横には
同い年くらいの女のコが座っていたんだけど、
彼女が韓国人なのか中国人なのか、
それとも日本人なのかよくわからなかった。

IMG_4753

 

 

 

 

 

 

 

サランギー
という民族楽器を弾いている
おっちゃんを見かけた。

IMG_4754

 

 

僕の好きな旅漫画
「アジアのディープな歩き方/インド、ネパール編」
にこの楽器を売るおっちゃんが登場する。

主人公の杉田くん(たち)に
故郷に帰るためのバス代を出してくれたら
ホームステイさせてあげるよと
物語が展開されていくわけだが、
僕としてはここからラストまでの流れが好きだ。

 

この上下巻の旅漫画は「ふっ」とラストを迎える。

ネパールの他の土地を旅して後、
カトマンズに戻ってきた杉田くんは偶然
同じサランギー売りのおっちゃんを発見する。
一瞬声をかけようとするのだが、
杉田くんはそこで思いとどまる。

 

 

『あぁ、こうして
彼らの日常は続いて行くんだな』

 

『そして僕はー…』

 

 

杉田くんは雑踏の中に消えて行く。

 

打ち切りと言えなくもないが、
続きを描こうと思えばいくらでも描けるラスト。

だけど、僕はストーリーが終わった
「その後」をどうしても想像してしまうのだ。

 

 

この漫画に思い入れがあるからこそ、
ここで出会ったサランギー売りのおっちゃんに
近しい何かを感じてしまう。
おっちゃんの真横に立って演奏をしばらく聴いていた。

一見作りは粗いが、サランギーの奏でる音は
僕をどこか懐かしい気持ちにさせてくれた。

僕はおっちゃんにレスポンスとして
10ルピー札を渡して再びバスに乗り込んだ。

IMG_4756

 

だんだんと外は曇り、
次の休憩所では雨が降り出した。

大粒の雨が路面を濡らす。

 

外の気温は肌寒かったが、
ツーリストバスの中はこまめに
温度調整がされていたので
そこまで寒さを感じなかった。

快適なはずのシートに
ずっと座っているとお尻が痛くなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カトマンズ
に到着したのは15時半。

IMG_4758 IMG_4760

 

さてと、ここから宿を探すわけなんだが、

 

 

今回の僕はひと味違う!

昨日、宿でたまたまお会いした
ナガヤマさんというタンバリンを叩くお兄さんに、
カトマンズの安宿情報を入手していたからだ。

 

僕がカトマンズの宿の集まる
タメル地区に抱いた印象は「下北沢」だ。

IMG_4762 IMG_4764

 

 

細い路地にゲストハウスや
お土産屋さんやカフェが密集している。

アウトドア用品を扱ったお店の数は
ポカラの街とは比べ物にならない。

道端ではサランギー売りの
おっちゃんたちの姿をよく見かける。

マップアプリを見ても
宿がどこらへんにあるのか分からない。

あっちに行ったり、こっちに行ったり、
最自分がどこにいるのかもよくわからなかった。

IMG_4761

 

 

人に聞きまくってようやく見つけた
「Hotel Elite」

シングル250ルピー(257yen)。Wi-Fiつき。
話によるとホットシャワーも出るとか。
そんな安宿あるんすか!!?

IMG_4770

 

 

軽く街を散策して、
僕はギターを持って路上に立った。

一体ネパールでバスキングをすると
どういう反応が得られるのだろうか?

IMG_4766

 

 

狭い路地のおかげもあって、レスポンスは良い。

演奏を聴いてくれていた日本人の
ジュンジくんとアヤカちゃんから
差し入れとしてカロリーメイトをもらった。

IMG_4769

 

 

二人はこれからポカラに向かい、インドへ向かうらしい。

iPhoneに入っているバラナシを舞台に撮られた
Old Man Riverの「Sunshine」
のMVを二人に(強制的に)見せる。
ひろさん!あれかなりお気に入りです!

ふふふ♪後で僕も行くけど、
バラナシには是非行って欲しいな。
きっと濃い体験ができるはずだから(笑)

————————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております!

カトマンズはアウトドア用品で溢れておりますがー…

たぶんニセモノなんだろうなぁ。
それに荷物も重いし、装備を増やすわけにはいかない

けど、見てるだけでもワクワクするよぉおおおお!!!!テント欲しいよぉおおおお!!!

そしてやっぱりここでも停電です。ポカラより長い感じはしないけどね。

 

★バナーをポチしてページの読み込みが完了するとポイントが入る仕組みです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★まおくんの作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もよろしくね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です