「今日はデート」

世界一周303日目(4/27)

 

7:30にかけた
アラームで間を覚ます。

IMG_6298

 

 

もう一回ベッドに横になったら

二度寝できる欲求をこらえて、
脳みそを正常に機能させるために
しばらく胡座をかいた状態でじっとしていた。

なんてたって
今日はデートだ。

 

 

「明日予定あります?」

 

 

昨日のシャワーからの帰り道、
トモミさんにそうたずねられた。

 

 

「いや、明日はこれといって特に。
まぁ強いて言うなら
大きなショッピングモールがあるみたいなんで
そこに行こうかなとか考えてました。
そこだったらバスキングで
稼げるかもしれませんからね(笑)」

「じゃあよかったら、
明日どこかに観光しに行きませんか?」

 

 

 

 

デートっしょ?

 

 

 

 

「Do you have a girlfriend?(彼女いんの?)

と訊かれると

「I’m falling love with “TRIP”
(旅に恋してんだよ)」

 

と応える自称「旅する漫画家」、
実質無職、25歳のシミです!!
以後お見知りおきを!ひゃっほーーーい!!!
1989年、1月22日生まれ、
B型だーーーい!
文句あるかー!ばかやろーーー!

 

 

はっ、スイマセン!
「デート」という言葉に
ときめき過ぎてました!

 

 

 

 

「で、どこ行くんですか?」

「いやぁ、
どこ行ったらいいんですかね?」

 

 

あまり観光熱心ではないトモミさん。

とりあえずアルメニアに来たんだから
どこかに観光に行っておくべき!

と決めたのはいいものの、
予定も全くなく、二人して情報ノートを
パラパラとめくった。

 

「あっ、ここなんてどうっすか?
「ゲガルド修道院」
みんな行ったって書いてあるし」

「そうですね。ここにしますか」

 

 

なにやら「ガルニ神殿」と
セットで行けるようだが、

こちらは入場料も取られる上に、
そこまで見応えがないそう。

そのレビューをあてにして、
トモミさんと僕はゲガルド修道院だけに
行くことにした。

情報ノートのページをiPhoneで
写真に撮ればもうないも怖くない。

 

 

 

 

はいっ!まず最初ね!
エレバン駅の前で73番の
マルシェルートカを捕まえる
ミッション!
ここで男を見せねば!

 

伊達に9ヶ月以上も一人で旅をしてないよ!
乗り合いタクシーを捕まえるなんて楽勝ぅぅぅ!!!

とりあえず、知ってそうな
おっちゃんたちに訊いていく僕。

IMG_6301

 

 

だが、なかなかマルシェが見つからない。

おっちゃんたちは
「分からない」とか「あっち!」とか
アバウトなことをいうばかり。

っかしいな…?
情報ノートには駅前でマルシェに乗るって
書いてあったんだけど…。

気づいたら駅前の広場を
ぐるっと一周してしまっていた。

IMG_6304

 

 

「あっちの方に来ると思うんですよね」

と、駅前の大通りを
通り過ぎるマルシェを見てトモミさん。

確かに通りにバスのマークが
書いた看板があり、その周りに人が集まっている。

位置的には反対車線なんだよな…。

マップアプリを確認して僕は思った。

だが、トモミさんの推測は正しかった。
そこにやってきたのは73番のマルシェ。

僕たちは乗り合いタクシーという名の
ワゴン車に乗り込む。

IMG_6306

 

なかなかスムーズに行かないもんですねぇ…。

 

 

「えっと次は
「20~30分走って郊外に出たあと、
プールを越えた先にある騎馬像があり、
その先の停留所、ベンツのすぐ目の前で下車」
ですね」

 

 

うぅん…
ずいぶんとアバウトな書き方だなぁ。

「プール/騎馬像」なんて
見落としたらどうするんだろう?

マップアプリでどこにゲドルド修道院があるのか
ピンを刺してある。
こういう時にオフラインで
マップが見れるのはすげえ頼もしい。

 

 

「あっ!あれプールじゃないですか!」

と目印のプールを発見するトモミさん。
それ、僕がやりたかったのに…。

情報ノートに書いてあった通り騎馬像が見え、
その前でマルシェは停車した。
目印を発見した僕は先走って車を降りてしまった。

IMG_6307

 

 

降りた跡に写真に撮った情報ノートを確認して、
自分がひとつ手前で降りてしまったことに気がついた。

ダメダメっすね。シミさん。

乗り換える停留所が
すぐ近くにあったのが救いだった。

ちなみに運賃は100ドラム。25円。安い。

IMG_6308

 

「で、次は
「ゴクト村へのバスに乗って終点まで行く」
ですね」

 

 

まだまだぁ!
ここで「頼れる男」を
見せなければぁあああ!!!

情報ノートの手描きの地図を頼りに
ゴクト村行きのバスターミナルを探す。

IMG_6309

 

 

「あれ?見つかりませんね」

 

すぐ近くにあるはずなのに、
バスの停留所らしきものは見つからない。

近くの人に
「ゲガルド修道院に行きたいんですけど」
と情報ノートに書かれていたバスの番号を見せる。

「ここに停まるから」とおっちゃんに言われ、
お店の前でしばらく待っていたのだが、
目当ての番号のバスはいっこうに通らない。

お店の前は路上駐車スペースのようで、
どう考えてもここにバスは停まらない。

しばらくするとおっちゃんは
思い出したかのように「こっちだ!」と言って
僕たちが来た道を戻り始めた。

IMG_6312

 

 

案内された場所には
しっかりとバスの停留所があった。
てか、ベンツのすぐ目の前じゃないっすか。

『それならそうと
情報ノートに書いておいてよね!』

とどこかの親切なだれかさんに対して
心の中で文句を言う僕。

やべぇ、おれ器ちっさいな!

 

 

 

僕たちの他にも同じバスを
待っているおばちゃんがいた。

「ゲガルド修道院に行くんです」と
ジェスチャーを交えて言うと
おばちゃんはニッコリ笑った。

きらりと光る金歯

アルメニアの人たちはなぜか金歯が多い。

同じ虫歯の治療の仕方でも
金歯になるとここまで印象が変わるもんなのか…。

 

 

僕とトモミさんは
お喋りしながらバスを待っていた。

金歯のおばちゃんは
「ほらバスがやって来たわよ!」的なことを
ひとことも言わずに
やって来たバスそそくさ乗り込んだ。

僕たちはおばちゃんの姿が消えて、
バスが来たことに気がついたのだ。

なんだよ。
教えてくれてもいいじゃないか。

って、おれ何サマ!?

IMG_6314

 

 

ここまでは情報ノート通り、
次はゴクト村まで行って、
えっとそこからどうするのかな?

情報ノートでは先に
「ガルニ神殿」から行き、
そのあとに「ゲガルド修道院」へ行く
ルートで書かれていた。

だから直接「ゲガルド修道院」に行くためには
情報ノートから必要な部分だけ
抜き取らなければならなかった。

えっと、ゴクト村で降りるの?かな?

 

 

トモミさんと話ているうちに、
バスの窓から見える景色は一気に変わった。

僕がイランからアルメニアに来た時のように
山々が遠くの方に見え、
だだっぴろい草地に家がポツポツ立っている。

ゴクト村に着く頃には羊の群れが
バスの横から見えた。

のどかな村を見ていると
なぜか100%のフルーツジュースが
無性に飲みたくなった。

 

 

 

バスが停まり、乗客たちのほとんどが降りた。
もたもたしている僕らの前に座っていたカップルが
トモミさんに英語で話しかける。

 

 

「500ドラム払えば
このバスは修道院まで
連れて行ってくれるんだって」

「えっ!!?ちょっと待って下さい」

 

えっ?さっきのマルシェで100だったのに、
修道院までで500もかかるの?
それってボラれてるんじゃないのか?

と思わず勘ぐってしまう。

僕はそういう旅をしてきた。

騙されないように注意を払い、
時には口論になり、怒っている素振りを見せたりして、
できるだけ安く移動しようとしていた。

 

 

「ほら、さっきみんなが降りたところが
ゴクト村ですよ。本来ならあそこで
降りるはずだったんですよ」

情報ノートから必要な情報だけ抜き取り、
頭の中で整理できているトモミさんが
僕に説明してくれる。

 

 

あぁ~…。
何をおれはがんばっちゃってたんだろう?

へんな見栄が張れないばっかりに
ここで気難しい顔をするのも違う。

 

 

ここは頭をマシュマロにして
くだらねえことは忘れちまうのが一番だ。

ポケーーーッ…っと。

IMG_6331

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

修道院は
豊かな自然の中にあった。

IMG_6316 IMG_6318

 

険しく岩肌をむき出しにした山に囲まれ、
修道院の周りでは
青い葉をつけた木々が取り囲む。

キャンプにきたくなるような場所だねと
トモミさんは言った。

このロケーションだけでも
ずいぶんと見応えがある。

IMG_6320 IMG_6339

 

 

僕たちは適当に修道院の敷地内を
プラプラと見てまわる。

IMG_6321

なんだあれ?

IMG_6323

みんなで落ちている石をを投げてましたよ。

IMG_6324

あそこに乗ると100点だそうです。
トモミさんは乗せることができたのですが、
僕は何回トライしてもダメだした。
こういうのってムキになっちゃうのを分かっていたので
ここはスマートに諦めます。
悔しい…

 

 

 

どこが一番の見所なんだろう?

IMG_6326

 

 

とりあえずこのシンプルな教会に
入っておきましょうか?

見応えのあるものは
最後にとっておきましょうと、

外からは特に何もなさそうな
教会に入っていったが、
その建物こそが人を集める理由だった。

 

 

 

 

すげぇ…

IMG_6348 IMG_6352

 

 

ひんやりとした修道院内にはロウソクが灯る。
天井に飽いた天窓からは
日が差し込み、光の柱を作っていた。

まるでインディー・ジョーンズに
出てくるみたいだ。

小さい頃に見た「最後の聖戦」を思い出す。

大昔、ここで祈りを捧げていたのか。

ここで祈ればその祈りは神に届く気がするよ。

IMG_6357 IMG_6356

 

「すごかったですね。
ここが一番のオススメだってことは、
他のはこれほど
凄くないってことですよねぇ」

IMG_6371

 

エレバン周辺には同じように
マルシェやバスを乗り継いで行ける
観光名所がいくつかあるが、
僕もゲガルド修道院さえ見れれば十分な気がした。

近くではスタイルのいい女のコが
石段の上に座ってスケッチを始めたり、
下の川ではバーベキューをしている人たちもいた。

IMG_6375

 

 

そんなアウトドアレジャーにも
最適な場所なのだ。

修道院そのものも見応えがあったが、
この場所にきても感じることはある。

 

 

 

 

「で、このあとどう帰ります?」

僕たちはゴクト村から
ここまでバスに乗せて来てもらったが、
修道院からは帰りのバスは出ていない。

どうやら他の人はヒッチハイクで
ゴクト村まで戻るらしい。

そんな簡単に車がつかまるだろうか?

僕とトモミさんはのそのそと
ゴクト村へ続く道を歩き始めた。

周りの景色を見ながら行くのも悪くないな。
その間に車が捕まればいいな。

楽観的に考えていたが、
ゴクト村まで約6km。

しかもアップダウンの坂道。1時間歩くのか…。

 

 

 

出だし2分で一台の車が停まった(笑)

 

 

「乗ってく?」

IMG_6302

お兄さんの写真がないので
駅前であった少年に登場してもらいましょう!

 

 

親指上げる前から
ヒッチハイクってなにそれ~~~~!!??

サングラスをかけて
指の間に煙草を挟んだお兄さんが
窓から顔を半分出して僕たちに尋ねた。

 

「せんきゅ~!ゴクト!OK?」

「乗りな」と仕草をするお兄さん。
なに!アルメニアの人
優し過ぎじゃないですかっっっ!

お兄さんは僕たちを気にしてか
しきりにカーステレオをいじって
英語の曲をかけてくれた。

僕もお兄さんに変に気を遣って
日本語での会話はしないようにした。
けっか無口な車内に。

ゴクト村で降ろしてもらい、
ジャパニーズ・スタイルでお兄さんに頭を下げて、
僕たちは帰りのバスに乗り込んだ。

IMG_6383

 

早起きしたせいなのか、
ここまで「頼れる男」を演じようと
無理に頑張ったせいなのか、
座席につくとすぐに眠たくなった。

観光って疲れるんだな…。

頭に浮かぶのは

休日、子供たちを
遊びに連れて行くお父さんの姿

お父さんって偉大だなぁ…。

どこのお父さんだって平日の仕事で
週末は疲れているはずなのに、
家族と過ごす時間を作るんだからなぁ。

「家族サービス」とはまた違うのか。

やっぱお父さんのあるべき姿って
「家族大好き」だよなぁ。

むしろ進んで家族と一緒に過ごす時間を
作っていくくらいじゃないとなぁ。

そんなことを考えながら、
停留所まで寝て過ごした。

そして来る時と全く同じマルシュで宿まで帰った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私、疲れたから
お昼ねするね」

とトモミさんは
別のドミトリーに引き上げていった。

僕も昼寝をしようかなと
ベッドに横になりかけたが、
ギターを持ってメトロに乗った。

このまま一日を終えたくねえな。

ここ何日かは連続でバスキングをやってみたい。
ここは稼げる町なんだ。

 

 

出来る限り昨日と同じ場所で
やらないように心がけた。

どこがいいレスポンスが得られるのだろう?

バスキングのベストポジション探しはけっこう大事だ。

そして見つけたのは静かな通り。

IMG_6392 IMG_6391

 

 

人通りはそこそこ。

まぁ練習がてら何曲か唄って、
別の場所を探そうと考えていたが、
ここでがっつり1時間以上。

レスポンスは想像どおりイマイチだった。

IMG_6391

 

 

他の場所を探して歩き回っていたら
公園を発見した。

IMG_6395

 

 

ピアノを弾く男性の面白い彫刻がある。

IMG_6396

 

 

そこで自己満足の路上演奏。

できるだけ自分の音楽に
ノるようにして弦を震わせる。

最近新しい曲を作った。

詩も未完成で唄うたびにアドリブが入る。

英語の歌詞なので
使っているセンテンスも超絶シンプル。

語法的にも間違っていると思う。

まぁ、グロービッシュに
そんなことはカンケーねえか。

だが、そんな新しい歌にレスポンスが入るのだ。

ここの公園で1,000ドラムが
2枚入ったのには驚きだ。
名曲の予感…笑。

IMG_6399

お母さんが「行くわよ!」って言ってるのに
超真剣に僕の歌を聴いてくれたガキんちょ。 

 

 

いつものようにクイーン・バーガーに
入って一番安いコーヒーを注文する。

稼いだコインを集計し終えたあとはブログのアップ。

21時になるとPenny Boardで宿まで一直線の道を下った。

————————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

いやぁ、もうなんなんすかね?デートって?

てかおれカッコワルイネ!
(自分がカッコいいなんて思ってたの?ぜんぜん!)
無理してカッコなんてつけるのもまた違う気がするっす。
でも、女のコさまには気を遣える男でありたい!サンジに学ぼう(笑)

バナーをポチするとポイントが入る仕組みです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

★最近水面下でアツい旅する雑貨屋”Drift”の近況報告もこちら!
Facebookページ「旅する漫画家

★Twitterも「indianlion45」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!