「中指は立てずとも、僕はペンを立てる」

世界一周308日目(5/2)

 

そろそろ漫画
描き始めよっかね!

IMG_6572

 

 

僕はTesco Lotusの手提げバッグに
漫画の原稿用紙をぶちこんだ。

スケボーを貸してくれとねだるアランたちに、
今日も気軽にと貸してやる。

今のとこ、そんな乱暴にPennyを
扱っている様子はない。

リダばあちゃんに
「グッモーニン♪」と挨拶すると、
ばあちゃんはアルメニアン・コーヒーを
僕に淹れてくれた。

 

いつものように朝市で
フルーツとパンとトマトを買う。

それをプラットフォームのベンチに
座ってで食べながらメトロのWi-Fiで
ブログを読んだりした。

IMG_6571

 

 

おなじみのクイーン・バーガーに出勤する。

もはや「出勤」だ。
誰がなんと言おうと。

宿のみんなからは

「今日も仕事に行くの?」

なんて冗談っぽく尋ねられたりしている。

 

 

僕の旅は観光名所を
制覇するような旅じゃない。

アルメニアにはまだまだ
行っていない場所がある。

エレバン市内を見渡せる
小高い丘があるそうなんだけど、
まだそこにも行けていない。

っていうか他にやることがありすぎて、

「そんな暇ねえんだよ!」

って感じ。

 

 

自分のオリジナル・アイデア
「旅する漫画家」。

まぁ、他にも漫画描きながら
旅している人はいるんだろうけど、
僕は知らない。

Googleで「旅する漫画家」って
調べると僕のブログがいっちゃん上にくるから、
今のところ、クッソ重い原稿用紙を
持ちながら色々な国を旅しているバカ
僕しかいないと思う。

同じ場所に留まっていても
やることがあるってのはいい。

「ヒマでやること全然ねえんだけど…」

ってなるより数倍いい。

 

 

「やることがある」っていう意識は
日本人だからだろうか?
僕は今のところこの感覚が好きだ。

数ある先進国のなかでも
「勤勉」と言われる日本。

まぁ、僕が働き者かどうかって言われたら、
「そうじゃない」ってなるんだろうけど、
何もしないとソワソワするんだよね。

その感覚から解放されるために、
海外でゲストハウスから一歩も出ないような
生活をしてみるのも
それはそれで面白いかもしれないけどね。

IMG_6671

 うーっし!今日から描くよ〜!

 

 

 

どんな話を描くかは
頭の中に漠然としたアイデアがあった。

ヒッチハイクの話
を描いてみたいなと思ったのだ。

アルメニアで初めてやったヒッチハイク。

イランから60ドルかかる国際バスに乗らずに
20ドルちょっとで首都のエレバンまで辿り着いた。

車が捕まらなかった時の
焦燥感と言ったらもう…。あれはギャグだ。

 

 

原稿用紙の裏にアイデアを書いていく。

IMG_6676

 

 

原稿用紙の半分にも満たないスペースに
1時間以上アイデアを
ポソポソ書いていく場合だってある。

なかなかアイデアが出ず、
一向に下描きに入れない時だって。

自分の経験をそのまま描いちゃダメなんだ。

そこからオリジナリティを生み出す作業だ。

 

 

この日の僕は「ノれ」ていた。

このお話の主人公像が出来上がると、
僕は原稿用紙に下描きを始めた。

絵のレベルもまだまだだし、
細かく忠実に再現する能力は
どちらかと言えば低い。

てかテキトウ、

よく言えば「ざっくり」に
描くことだってしばしば。

車の絵を描こうとすると、
『あれ?車ってどんな形だっけ?』
と考えてしまう。

車の写真だったら調べれば
いくらでも出てくるけど、
アルメニアの車の写真は
自分で撮ったものが頼りだ。

いきなり全部できる必要はない。

少しずつ完成度を高めていけばいいさ。

IMG_6678

 

今まで描いてきた短編の中でも
一番早く下描きを終えることが
できたんじゃないかと思う。

時間のかかる背景が
少ないせいもあったかもしれない。

できたお話は
パンク・ロッカーがヒッチハイクする話。

IMG_6677

 

 

 

パンクの精神が好きだ。

『ざけんじゃねー!コノヤロー!』

って抗いながらも突き進んでいくエネルギー。

 

 

まぁ、僕自身はパンクなヤツじゃない。

そもそも、地でパンクするヤツ
なんているのだろうか?

シド・ヴィシャスもステージの外では
気弱な青年だったと言うし。

パンクのイメージはメディアによって
作られたところもあるのだろう。

 

 

でも、

「自分と対向する何かに
立ち向かっていくエネルギー」

夢や理想を追い求めると
必ずそれに対向するものが出てくる。

世間一般の常識だったり、
現実だったり、周囲の声だったり。

でも、それに負けないくらいのエネルギーが
「パンク」にはある気がするのだ。

 

 

宮藤官九郎の
「少年メリケンサック」が好きだ。

あの、一番の盛り時を過ぎてしまった
おっちゃんたちが心の中の火を再び灯し、
格好悪い姿をさらしながらも
パンクする姿に何か共感を覚える。

 

やるしかねえだろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして僕は
雑貨を買いに行った。
パンクじゃねえ笑。

IMG_6680 IMG_6682

 

 

自分のライフスタイル全てが
パンクである必要はどこにもない。

えっとですね、今回仕入れたのは
コースターとマグネットですね。

うわぁ~!なんかカワイイ~なぁ~♪

IMG_6681 IMG_6679

 

こんな感じでざっくりとした布製品が
アルメニア雑貨の特徴みたですね。

 

 

 

雑貨を仕入れたあとは
バスキング。いつもの流れだ。

昨日バスキングした
大通りに出ると先客がいた。
等間隔でパフォーマーたちが
各々の楽器を鳴らす。

手前からアコーディオンと
ドラムのおじいちゃん2人組。

アルメニアの民族楽器のような
縦笛を吹くじいさん。

奥にはガットギターをかき鳴らしている
ヤツの姿が見えた。

ここでやるのはよそう。

 

 

アイスクリーム屋さんの近くで
やんわりと歌い上げる。

IMG_6684

 

 

連日歌いまくってたせいか、
唄えば唄うほど声が枯れていった。

いつもキーが高いから、
たまには枯れた声で唄うのも楽しいもんだ。

それなりに入るレスポンス。

満足して宿に戻る。

今日もシャワー浴びれなかったな笑。

 

 

宿に戻ると別々のところから集った
お兄さん3人組が宿に新しく来ていた。

初対面の人との会話量のうち
6割以上を占めてしまう僕の悪いクセで、
漫談につきあってもらった。

僕のくだらない話を
お聴きいただきありがとうございますです。

 

最後に枯れた声で「Stand by me」を唄うと、
お兄さんの一人から400ドラムが手渡された。

粋だなぁ~兄さん。

———————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

今日はパンクのお話。なんすかね?
その生き方に憧れるんだと思います。

下描きをしながらYouTubeで細美武士さんの
「Hedgehog diary」を聴いていたのですが、
ニューアルバムの「Keeper of the Flame」の
意味にを喋っていたところがあって、
なんだか今回の漫画とリンクしました。

自分の道を進んでいくからこそ、
第一線で全速力で走っている
細美さんの姿に勇気をもらえるんす。

 

そんなパンク精神を持ったキッズはポチだぁあああああ!!!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

★中指は突き立てていませんが、
親指は立ててます。
Facebookページ「旅する漫画家」もよろしくだぜ!

★描いた漫画はまずこっちにアップしてます
Twitter「Indianlion45」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!