「「◯◯っぽい」っていうのは好きじゃない」

世界一周468日目(10/9)

 

 

ソファって

こんなに寝心地がよかったっけ?

 

ってか
室内で寝るって
こんなに安らげたっけ?

IMG_7066

 

 

 

そんなに長い期間キャンプしていたわけでもないのに、
家の中で寝るのはやっぱり落ち着けた。

部屋はブラインダーがかかっており、
隙間からわずかに外の明かりが漏れるばかり。

二度寝から目覚めてiPhoneで
時刻を確認すると12時を回っていいた。

 

 

ここはスッコトランド、エディンバラ

昨日ヒッチハイクさせてもらった
テバスチャンの家に泊めさせてもらっている。

IMG_6979

 

 

 

テバスチャンも双子の弟のアンジュも、
僕に負けず劣らずかなりのスロースターターだった。

僕たちはみなそれぞれ同じ時刻に起きだし、
テバスチャンは朝風呂をしてた。

この家にはなんとお風呂があるのだ。

そうバスタブ!

 

 

湯船に浸かるのなんてどれくらいぶりだろう?

もしかして日本以来じゃないか?

あー、タイのパーイで
温泉入ったの今思い出したわ。

やはりお風呂に入ると随分違う。

 

 

 

何が?

 

 

 

体臭だよ。

 

 

スコットランドが寒く、
そこまで臭いが気にならないというのも
あるかもしれないが、

湯船で体の汚れを落としたおかげで、
臭いも落ちたような気がする。

うん。お風呂の文化ってすげーや。

 

 

「シミ、ミルクティー飲むかい?」

 

 

テバスチャンのおもてなしっぷりは
なかなかのものだった。

というかここの兄弟はけっこう
「ハラペコちゃん」なのだ。

僕だったら『もうお腹いっぱい』という
満腹度なんか、彼らにとってはなんともない。

「一日に何杯ミルクティー飲むの?」ってくらいだ笑。

ここにいたら間違いなく太れるな。

 

 

 

朝ご飯はピザだった。

やー、朝からピッツザですよ。
半分だけもらったけどね。

 

 

 

 

 

お腹を満たして
僕はテバスチャンたちの部屋を出た。

IMG_6981

行ってきまーーす!

 
エディンバラの街が
どうなっているのか見てみたかった。

エディンバラの街は
「ハリーポッター」の作者が
第一巻「ハリーポッターと賢者の石」を
書き上げた場所らしい

 

 

第一巻を僕が読んだのは小学生の時だった。

挿絵はないが、その世界観に一気に飲み込まれた。
翻訳版が出版されると母親が買い求めた。

あの扉絵は日本版だけのものらしいが、
ハリーポッターの世界観を
引き立てるのに一躍買っていると思う。

僕は6巻まで読んだのだが、
最終巻が出版された時、
物語の筋をすっかり忘れてしまったため、
最終巻を読まずに旅に出た。

 

 

 

 

話は逸れてしまったが、スコットランドの首都、
エディンバラを歩くことによって
ハリーポッターの世界を
感じることができるというのだ。

 

 

僕は「◯◯っぽい」という
日本人にありがちな観光地のあおり方が好きではない。

実際に行ってみて、

『あぁ、なんだ。全然自分の
イメージと違うじゃないか』

と自分の想像と現実のギャップに
がっかりすることが多いからだ。

 

 

ただ、エディンバラという街は
僕にとって少し違った。

僕の記憶が正しければ、
作者のJ・K・ローリングが
離婚後、小さな娘を育てながら、
カフェに通って書き上げたのが
「賢者の石」なのだ。

そういうバックストーリーが僕が好きだ。

とりたてて「ハリーポッター」の
ファンといわけではないが、
この街を歩いて、作者と同じ物を観てみたかった。

 

 

テバスチャンの家から街の中心地までは
歩いて15分ほどの距離にあり、

IMG_6985 IMG_6986

 

 

テクテクと歩きながら、
途中見つけた教会に立ち寄ったりした。

IMG_6988 IMG_6997

 

 

 

 

スーパーで1ポンドのクッキーを買って、
サブウェイでコーヒーを頼む。

IMG_7005

 

 

 

オープンテラスのテーブルでノートを広げ、
先日買ったばかりのイギリスメーカーの
ペンをさっそく使って絵を描いてみたのだがー…

 

 

 

 

『滲む…』

 

 

 

 

黒く塗ったりすると、裏のページに滲むのだ。

おいおい。
ペン先は日本製じゃなかったのかよ!
インクがダメじゃねえか!

 

 

チェコで盗難に遭ってから、
僕は手帳サイズのノートに絵を書いている。

完全に裏写りしないということはないのだが、
今回の場合はNGだ。

マジかよ…
テンション上げるために
2400円もするペンセット買ったってのに…。

 

 

この時僕は思った。

 

 

 

もう日本製とドイツ製しか信頼しまいと。

 

 

 

そんな僕を元気づけてくれるかのように、
エディンバラの街はこの街だけの雰囲気があった。

グラスゴーの建物より、
ずっと年期の入った建物がある。

IMG_7025 IMG_7030 IMG_7061

 

 

 

遠くの方に見えるエディンバラ城は
僕にあの世界観を思い出させてくれた。

IMG_7015

 

 

 

違うんだ。そうじゃないんだよ。
「〇〇っぽい」っていうんじゃなくてさ。

身近なものからストーリーを創りだした
J・K・ローリングってすごいなって思ったんだ。

漫画を描く上で、僕もストーリーを考える。

全くの”無”から物語を創ることはできない、
自分の経験なり体験なり、
大昔からある素材を膨らませたり、
自分の知らない世界を取材をして物語を創ったり。

育児の傍ら、きっと
『売れなかったらどうしよう?』
とか苦悩もあっただろう。

僕も似た様な不安は抱えている。

でも、やらなくちゃだめなんだ。ですよね?

IMG_7016

 

 

 

 

 

エディンバラの街で、
観光客の姿をチラホラ見かけることがあった。

100メートル置きにキルトを穿いて、
伝統衣装に身を包んだバグパイパイパーが
バスキングをしている。

ただ、これも観光客を狙ったバスキングだ。

IMG_7034

 

 

 

この街を歩いてみて分かったのだが、
一つの街に何人もバグパイプの演奏者がいる。

別の街だったら稼げそうでも、
この街ではアトラクションのひとつに
すぎないのかもしれない。

 

 

演奏者の目の前に置かれたケースには
そこまでコインが入っていなかった。

それに追い打ちをかけるように雨が降り出した。

 

 

これが噂に聞いていた
「イギリスはいつも雨」ってやつか。

スコットランドとイギリスは陸続き。

海に囲まれた環境故、
一日に必ずと言っていいほど雨が振る。

さっきから止むことなく
鳴り響いていたバグパイプの音は、
雨脚が強まると途端に消えてしまった。

商売あがったりだよな…。

IMG_7048

 

 

 

 

 

 

 

特にエディンバラの街について
下調べをしていなかった僕は、
てきとうに街をほっつき歩いた。

IMG_7068 IMG_7085

 

 

 

テントの張れそうな
大きな公園へと続く静かな道の途中。

ギターとハーモニカの音に惹き付けられると、
おじいちゃんと言ってもいいような年齢の
バスカーがいた。

ベンチに座りのんびりとバスキングをしている。

ベンチにはおっちゃんの飼い犬が
リードで結びつけられている。

IMG_7073

 

 

 

犬好きの僕は思わずおっちゃんに話しかけた。

犬は人懐っこいヤツで、
僕が目線を合わせて背中を撫でると
じゃれついてきた。

おっちゃんは
「こいつはフレンドリーなんだよ♪」と言った。

1ポンドコインをケースに投げて、
「グッジョブ♪」と言って僕は町歩きを再開した。

IMG_7091 IMG_7098

 

 

 

そうだよな。

あんなバグパイプまみれの
オールドタウンでバスキングする必要なんて
どこにもないもんな。

僕もバスキングをしようかと思ったが、
街の中心地に戻ると場所が見つけられなかったため、
そのままテバスチャンたちの部屋に引き上げることにした。

 

 

「おー、おかえり。
ミルクティー飲むかい?」

「ああ。ありがとう♪
それじゃあマグカップに半分お願い」

 

 

リビングにはラジオから音楽が流れている。

僕は帰ってくる前に、
またクッキーを買ってたいらげてしまったので、
晩ご飯を食べるのが大変だった。

お腹はすかせて帰らないとな。

 

 

今日もバスタブにお湯を張って、体を横たえる。

あぁ、風呂って偉大だ♪

———————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

作者の苦労話が好きです。
なんだかみんな最初はキツくて、
それでも頑張ってたんだなって、
自分に勇気をくれるから。

不安なのはみんないっしょさ。僕は描くしか無い。

「やってら上手くなるだろ」
って言ったが~まるちょばの言葉は名言だと思う。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ「旅する漫画家

★Twitter「Indianlion45」

2 件のコメント

  • 私は絵の事が全くわからないんですけど、
    名刺を渡すのなら、やっぱり似顔絵が喜ばれる
    んじゃないかなと。
    ダッシュしてるカエルも可愛かったですよ。
    ひつこいですけど、絵本とかも才能あると思いますよ。
    もう、うるさいですね。

    • >あっきーさん

      いやはや、そんな褒めちぎられると
      おもわず頭かいちゃいますよ。

      あ〜…、最近頭洗えてないなぁ…。

      絵本ってフルカラーじゃないですか?
      僕、色のセンスがないんですよ。

      ゆくゆくは帰国後にイラストレーターとか
      Photoshopを買って、デジタルの技術で
      カバーしようと考えてます笑。

      あれ?「ダッシュしてるカエル」?
      超リアルタイムじゃないですか。
      まだ内緒ですって!

      近々ダッシュさんのブログ村のアイコンの方で
      披露してもらえるー、

      と思います。

      気に入ってもらえればね。

  • シミ にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!